ひとりごと

大気中の「におい・かおり」物質分析のための新しい手法を開発しました.

1. 大気中の「におい・かおり」物質分析のための新しい手法を開発しました.
我々は,大気環境中の硫化水素,メチルメルカプタン等の揮発性硫黄化合物,トリメチルアミン,酪酸や吉草酸等の低級脂肪酸類を敷地境界線の規制基準値以下の濃度までGC/MSで定量する方法を開発し利用しています.
また,「におい・かおり」に含まれる複雑な成分を分離しGC/MSを用いて特定する手法も開発しています.
さらに,大気中の濃度が10ng/L程度以上の濃度(においをはっきりと感じる程度)であれば,多くの物質について,GC/MS分析でマススペクトル解析ができる手法を最近開発しました.この方法は,以下のような問題に対応できます.
(1)建築物建屋内で感じるにおい物質の特定
(2)食品から発生する「におい」や「かおり」物質の特定