トピックス

  • 2017/03/01

    分析技術研修に関するご案内

    no image 平成29年3月1日              御中 チュ-ケン生活環境研究所所長 松原英隆(横浜国立大学博士) 分析に関するコンサルティングのご案内   当社では,環境分析から,食品分析まで...
  • 2016/05/25

    調査や分析手法に関するコンサルタント業務のご案内

    no image 調査や分析手法に関するコンサルタント業務のご案内   チュ-ケン生活環境研究所 所長 横浜国立大学博士(工学)松原英隆   当研究所所長の松原は,27年間の福岡市在職期間のうち後半...
  • 2015/10/06

    土壌に含まれる除草剤グリホサートの迅速分析法を開発しました

    no image 土壌に含まれる除草剤グリホサートの迅速分析法を開発しました グリホサートは土壌吸着性が非常に強いため、分析が困難な成分です。
  • 2015/07/10

    大気中の「におい・かおり」物質分析のための新しい手法を開発しました.

    no image 1. 大気中の「におい・かおり」物質分析のための新しい手法を開発しました. 我々は,大気環境中の硫化水素,メチルメルカプタン等の揮発性硫黄化合物,トリメチルアミン,酪酸や吉草酸等の低級脂肪酸類を敷地境...
  • 2014/08/01

    第28回 火事現場検証における鉱物油分析

    no image 第28回 火事現場検証における鉱物油分析   火災現場で採取された油臭が感じられない「もえがら」から鉱物油を検出することは不可能と考えられていた。今から20年くらい前の話になるが,非常に困難...
  • 2014/07/03

    第27回 鉱物油による地下水汚染時の鉱物油成分の経時変化

    no image 第27回 鉱物油による地下水汚染時の鉱物油成分の経時変化   重油等のタンクに亀裂が生じると,鉱物油が地下に浸透し地下水面に達することになる。鉱物油の多くは直鎖型の脂肪族炭化水素類であるが,...
  • 2014/06/19

    第26回 残留農薬の多成分一斉分析における一律基準値(0.01ppm)精度確保について

    no image 第26回 残留農薬の多成分一斉分析における一律基準値(0.01ppm)精度確保について  野菜の残留農薬分析に際し,使用登録された農薬については基準値があるが,登録されていない農薬の場合には一律基準値...
  • 2014/06/19

    第25回 分析の信頼性を考える

    no image    第25回 分析の信頼性を考える   これは分析技術者の考え方についての話であるが,プロの分析技術者は自分で信頼できないデ-タ-は報告しないものである.ところが,昨今の分析会社の仕事に対...
  • 2014/06/11

    第23回 凍らせた水道水から綿くずが

    no image 第23回 凍らせた水道水から綿くずが  最近の喫茶店では,氷は製氷器を用いて不純物を除去しながらつくられている.しかし,以前は水道水をそのまま製氷皿で凍らせていたところもあった.そのような状況の中で,...
  • 2014/06/11

    第22回 精度管理を考える

    no image 第22回 精度管理を考える 精度管理を2つに分けると,外部機関を利用する外部精度管理と内部で行う内部精度管理に分類することができる. 一般には外部精度管理に注意がはらわれることが多いが,これは他社との...
1 / 41234